このサイトはJavaScriptを使用しています。ご利用の環境では正しく機能・表示されないことがあります。
ナビックWi-Fiサービス 今なら、月額利用料2,000円off
NEWS

VISION

公衆無線LANサービス契約者数の伸びに比べ、モバイル環境での通信量の需要は著しく増大するという総務省の研究会調査結果があります。この差を収容するのが当社のミッションであると考えております。昨今の公衆無線LANサービスの主な提供者がケータイ通信キャリア各社であることから鑑みても、各社がバラバラに需要を満たそうとした場合のアクセスポイントの乱立は、投資効率の悪化、電波資源の浪費、受益者である利用者の通信品質低下など、我が国の高速無線通信の未来から成長性を奪う結果となりかねないからです。

移動通信トラヒック需要を
2010年の値を100にした場合の相対値
Wi-Fi契約者数(万件)
4000
3500
3000
2500
2000
1500
1000
500
0
2000
1600
1200
800
400
0
Wi-Fi契約者数
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年

上位のルータに依存することなく、マネージドWi-FiでかつIT管理者不要という商材を探しているニーズが高いです。さらに日本の環境に合った、使いやすく、安全・安心なWi-Fiを、導入しやすい価格帯のサービスを望んでいます。

性能
(セキュリティ)

低価格

高価格

安価な個人レベルWi-Fi環境と、高価で高性能な企業レベル機器に二分されている。中央部分を満たすサービスがあれば

ナビックの提供するサービス

性能
(セキュリティ)

オーナー
稼働必要

オーナー
稼働不要

性能は落としたくないが、専任の管理者を置くほどのコストはかけられない。手間はなるべく省きたい

ナビックの提供するサービス

想定されるサービス提供先

カフェ・飲食店

学校・教育機関

ホテル

駅・公共施設

オフィス

病院・クリニック

店舗・ショップ

マンション・ビル

住宅

「NABIQ」と「公衆Wi-Fi事業者」との違い

公衆Wi-Fi事業者は競合相手ではなく、公衆エリアを補完していただく重要な協業パートナーです。

  • NABIQ
  • プライベート、準公衆エリア(ホテル、店舗等)
  • ソフトウェア中心で柔軟な機能性
  • 無線BBソリューション提供
  • 安い
  • 常に最新技術を模索し、最適化
  • 既存Wi-Fi事業者
  • 公衆エリア
  • ハードウェアへ依存
  • 通信トラヒックオフロード
  • 高い
  • 既設基盤上で開発